kimi-blogのブログ

iPad、スマホ、カメラ、家電などについて発信します!よろしくお願いします。

72876377

(c)tanuki8 - イラスト素材 PIXTA -

↑私が描いたイラスト

Leica初のスマートフォン「Leitz Phone 1」はAQUOS R6と同じで動体に弱い?

 

f:id:sai426:20210716220426p:plain

ソフトバンクより

 

ソフトバンクよりLeica初のスマートフォンLeitz Phone 1 が発売されました。

Leitz Phone 1のベースとなったシャープのAQUOS R6との違いが気になるところです。

 

スマートフォンジャーナリストの石川温さんがレビューをしています。

 

 

 

AQUOS R6のユーザーで言われているのがシャッターボタンを押してからタイムラグがあり、動いている被写体をうまく撮れないということです。

 

例えば動き回る子どもやペットなどの撮影では意図した時にシャッターが切れないので、思い通りに撮れません。

 

風景や人物でも記念写真のように止まっていれば問題ないでしょう。しかしながら、普段、動体を撮影する方も多いと思います。

 

そういったユーザーには不便を感じることが多そうです。

 

レビュー動画を観た感想としては、発色の良さと自然のボケはとても素晴らしいと思いました。

 

動画でも人物の背景がボケているので、一般的なスマートフォンで撮影した動画とは一味違います。

 

またAQUOS R6と同じように料理などに寄れないそうです。料理や花をアップで撮影したい方は要注意です。

 

ほかのTwitterユーザーが撮影した写真をご紹介します。

 

 


[2枚入り]LOOF LEITZ PHONE 1 強化ソフトフィルム フィルム 保護フィルム ライツフォンワン ソフトバンク softbank leica ライカ シール 保護シール 気泡無し 貼りやすい 指紋防止 ブルーライトカット マット クリア ソフトフィルム [LEITZ PHONE 1/ブルーライトカット仕様]

 

 

動体に強くなかったり、被写体に寄れないところがあっても、カメラ好きとしてはやっぱり欲しい!!

 


 

 

 

 

72508125

(c)tanuki8 - 画像素材 PIXTA -

↑私が撮影した写真