kimi-blogのブログ

iPad、スマホ、カメラ、家電などについて発信します!よろしくお願いします。

83622882

(c)tanuki8 - 画像素材 PIXTA -

↑私が撮影した写真

Google Pixel 6 Proで「povo」に乗り換えた!トッピングなしで0円運用。注意点もあり

f:id:sai426:20211029090446j:plain

私のGoogle Pixel 6 Proとpovo

 

 

私は今まで、格安SIMのDMMモバイル(楽天モバイルに現在は吸収)を使っていました。

通話・1GBプランで税込1,386円です。

 

これでも十分安いのですが、もっと通信費を抑えたい!povo2.0ならトッピングしなければ0円運用ができると思いました。

Google Pixel 6 Proも購入したので、povoにナンバーポータビリティで乗り換えることにしました。

 

後日、ブログで書きますが、通信は別途、楽天モバイルを契約する予定です。

 

 

目次

 

 

povo2.0を0円運用するには注意点もあり

180日、トッピングをしないと解約になるとの旨が書かれています。

 

つまり最低でも半年に1度は有料のトッピングをしなければなりません。

 

f:id:sai426:20211029083544p:plain

povoのHPより

一番安いトッピングが330円です。24時間データ使い放題なので、旅先でWi-Fiのない環境でYouTubeなどを視聴するときに最適です。

 

それか7日間で1GB使えるトッピングも良さそうです。

 

半年に1回はトッピングをする、ということを頭に置いておけば普段は0円運用が可能です。

 

また「0円」と言ってもユニバーサルサービス料3円と電話リレーサービス料1円がかかります。

※電話リレーサービス料は毎月の請求ではありません。

 

したがって、0円運用でも毎月、3〜4円はかかります。

 

 

povo2.0を契約。簡単に契約できた

webでpovoのサイトにアクセスし、「お申し込みはこちら」をクリックすると、専用アプリのダウンロードを促されます。

ダウンロード後、povoアプリで個人情報を入力→運転免許証などの撮影→自撮り

などをするとSIMカードの場合、発送準備に入ります。

※esimも選択できます。

 

f:id:sai426:20211029090300j:plain

SIMカードの発送は、私の場合、申し込み翌日に届きました。

povoアプリで「SIMの有効化」を行いました。

 

 

f:id:sai426:20211029085050p:plain

 

SIMをPixel 6 Proに入れて、APNがpovoになっていることを確認し、再起動すると、、、

無事に使えるようになりました!!

 

 

トッピングなしでも速度はどのくらい?

トッピングなしの状態で速度測定を行いました。

使ったアプリが「RRB SPEED TEST」です。

 

結果は下りが0.05、上りが計測不可でした。

 

おそらく、遅すぎて計測できなかったのだと思います。

 

確かにYahooを表示するのにもストレスがかかるくらい遅いです。しかしPayPayやLINE Payなどの電子決済は表示できましたし、メールの確認もできました。

 

Googleマップの経路検索も時間はかかりますができました。

 


 

 

Google Pixel 6 Proで「povo」に乗り換えた!トッピングなしで0円運用。注意点もあり まとめ

私はpovoで0円運用し、通話の着信専用として使います。通信と電話の発信は楽天モバイルにします。

楽天モバイルは別の記事に書きます。

 

電波の信頼感のあるauの電波でメインの回線を契約したので、郊外に行っても圏外で電話できない!ということを防ぐことができます。

 

また通信面についても、普段は楽天モバイルで通信し、圏外になったら、povoに切り替えて通信するつもりです。

ちなみに楽天モバイルも1GB未満で使うようにするので、毎月の支払いから解放されます。

Pixel 6 Proのことを次回も発信していきます。

 

povoのHP

povo.jp

 

私が使っているPixel 6 Proのケース


Spigen Pixel6 Pro ケース 背面クリア 黄ばみ無し TPU バンパーケース 2重構造 [TPU+PC] 米軍MIL規格取得 耐衝撃 すり傷防止 ワイヤレス充電対応 ウルトラ・ハイブリッド ACS03458 (マット・ブラック)

 

 

 

72508125

(c)tanuki8 - 画像素材 PIXTA -

↑私が撮影した写真