kimi-blogのブログ

iPad、スマホ、カメラ、家電などについて発信します!よろしくお願いします。

83622882

(c)tanuki8 - 画像素材 PIXTA -

↑私が撮影した写真

ソニーのワイヤレスヘッドホン、「WH-1000XM4」はAmazon Musicも24bit 96KHzで聴ける!!

f:id:sai426:20220116151532j:plain

👆私のソニー「WH-1000XM4」とAnker「Soundcore Liberty 3 Pro」

 

 

ソニーのワイヤレスヘッドホン、「WH-1000XM4」を使って、Amazon Musicハイレゾ音源(Ultra HD)を楽しんでいます。

 

ハイレゾ音源は「24bit 96KHz(24bit 48KHzもあり)」が一般的ですが、Pixel 6 Pro本体で再生すると、元の音質が24bit 96KHzであっても、48KHzにダウンコンバートされてしまいます。

 

今回は以下の22/7の『空のエメラルド』を例に出してみます。(Amazon Music

f:id:sai426:20220116145436p:plain

 

音質の詳細を確認するには↑の左側にある黄色い「ULTRA HD」をタップします。

 

 

f:id:sai426:20220116145412p:plain

 

楽曲の品質:Ultra HDになっています。つまりハイレゾ音源です。

その下に「24bit 96KHz」とあります。元の音質は24bit 96KHzであることがわかります。

ところが、デバイス:Pixel 6 Pro 24bit 48KHz、また出力:組み込みスピーカーも同じく24bit 48KHzとなっています。

 

つまり元の音質は24bit 96KHzですが、再生するデバイスと、出力されるスピーカーでは24bit 48KHzです。

 

せっかくの高音質であるハイレゾ音源を元の音質で楽しむことができません。

 

 

しかし、「WH-1000XM4」では元の音質の24bit 96KHzで聴くことができるんです。

👇以下の画像をご覧ください。

f:id:sai426:20220116144847p:plain

WH-1000XM4を接続しました。

出力:Bluetoothバイスとなっており、「24bit 96KHz」ですので、元の音質です。

 

 

「Amazon Musicでハイレゾを聴く」

 

音質にこだわっているのに、ワイヤレスヘッドホンを使っているという矛盾もありますが、WH-1000XM4はハイレゾ音源も伝送できるBluetoothのコーデック、「LDAC」に対応しているのが良いです。

 

ちなみにAnkerのワイヤレスイヤホン、「Soundcore Liberty 3 Pro」もLDACに対応しているため、「24bit 96KHz」での再生が可能です。

 


Anker Soundcore Liberty 3 Pro(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.2)【ウルトラノイズキャンセリング 2.0 / ハイレゾ / LDAC / マルチポイント接続 / ワイヤレス充電 / 外音取り込み / PSE技術基準適合】ミッドナイトブラック

 


 

 

ワイヤレスでもいい音で楽しみたい方におすすめです。

 

 

 


ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4 : LDAC/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2020年モデル 360 Reality Audio認定モデル ブラック WH-1000XM4 BM

 


 

 

72508125

(c)tanuki8 - 画像素材 PIXTA -

↑私が撮影した写真